Webとロジスティクスのコラボレーション

Webとロジスティクスのコラボレーション

確実に浸透してきたe-ビジネス

Webとロジスティクスの協動としてのe-ビジネスは、華々しく取り上げられる段階を過ぎて確実に浸透し、商取引のWebへの移行が増加している。

コンビニとの協働は進展せず

e-ビジネスとロジスティクスは、言葉、だけが通り過ぎて、どこにいってしまったのかと思われる向きも多いかもしれません。しかし、多くのe-ビジネスが出現し、書籍の注文、オークションサイトの注文による物流サービスはほとんどが定着しています。

webによるビジネスの特徴は、それほどの資本がなくても開業できることですが、意外にむずかしかったのが、webとコンビニを使ったビジネスモデルです。コンビニを集荷ステーションとした域内宅配サービスや、コンビニで荷物の代行受取りをしてもらうなどのサービスが立ち上がりましたが、ほとんどが進展がみられない状態です。

取引後の状況がネット上でわかる方向に

e-ビジネスで重要なことは、ネット上で取引されたものが、決済、配送を含めてど、つなっているのかが、ネット上でリアルにわかるしくみが不可欠ということです。それがないと、購入者にとって配送される日時、販売側では入金処理についての不安から常に逃れられません。宅配貨物であれば、貨物追跡システムによる配送車両の追跡、メールによる配送日時の変更・確認、クレジットカード決済の出現など、利用者にとって利便性の高いサービスが登場し、強力にサポートしています。

これについては、大手物流会社を中心にして、荷主が在庫状況や荷物追跡状況を確認できるシステムが急速に普及しています。これは結局、直接インターネットで荷主が荷物の状態を確認できる環境を提供しようというもので、倉庫、トラック輸送、船舶、航空、鉄道と順次広がっています。

この動きは次の段階として、宅配便、路線貨物に限定されているトラックの分野で、貸切トラックでも自分の荷物はいまどこにあるのかが、インターネットでリアルにわかる時代へと進んでいます。

    人気サイトのリンク集

  • 格安日本一を目指した豊富な実績がある不用品買取をしてくれる会社を茨城で探すなら、県内でナンバーワンの実績があり、24時間対応をおこなっているのでオススメです。

Copyright(C) これからの物流関連ビジネス All Rights Reserved.