アウトソーシングの受け皿

アウトソーシングの受け皿

質ともに拡大する業務代行サービス

物流現場における付帯サービスが拡大することによって、業務代行サービスが確実に増えているとともに、その業種範囲も拡大を続けている。

請け負う内容を周辺業務に広げる

ロジスティクスに関連する輸送、保管、入出荷、検品などの業務だけでなく、周辺業務も含めてアウトソーシングされることが増えています。

よく見受けられるのが、営業の代行です。飲料などのボトリング車の業務は従来、営業マンが納品と受注、営業といった複合的な業務を担当していましたが、運転手がそれらも兼ねて行なう運送会社が、いまでは定着しています。

また、パソコンの最終組立て、マニュアルのセツティング、OSのインストールなど、相包、出荷だけでなく、そうした分野まで行なうケースが拡大しています。

これは、運ぶ、保管するといった1機能だけに限定した業務を、一連の作業として受託することで、荷主の囲い込みを行なっていった結果です。

品質面の高度化がこれからの課題

しかし、このようなことがどの業者でもできるわけではありません。いかに運転手に付帯業務をさせるのか、倉庫業務に付加価値のある業務をさせるのか、現場でのマニュアルづくりと具体的な業務教育、高レベルな品質管理が重要な部分です。

ですから、業務代行を行なっている物流企業は、やはり物流子会社や資本力のある元請会社などが中心です。顧客ニーズがあるからできるというものではなく、営業戦略的な視点で事業展開ができる経営者層がいないとできない内容です。

このような業務代行については、製

造の最終工程、簡易な組立てなど、製造業としての機能を大幅に取り入れている企業が、倉庫会社などを含めて幅広く浸透しています。ただ、品質面での高度化は、これから重要な要素となるものと見られます。

製造以外では、検品、メンテナンス、販売といった業務が運送とあわせて行なわれることが増え、流通では棚卸し作業、コンビニなどの棚割り作業、店頭販促品の装飾作業などもあります。

また、リサイクル分野はいま注目されているところです。返品などの回収は従来から行なわれていますが、廃棄、リサイクル工場や処分場への輸送、分別、廃棄前処理といった業務まで行ない、簡易な処理プラントなどを設ける物流企業も出てきています。

加えて、受注業務の代行です。運転手などによる営業のほか、電話受注なども請け負うケースです。これは、受注センターなどを集約する場合、物流センターなどと直結して、情報のタイムラグを避け、データの共有とスピード化を図る方法として有効です。

さらに、受注入力、顧客の問合せに対するサポートセンターの業務代行も、一部で始まっています。これらは、人材派遣業との連携によってさらに促進される可能性をもっており、有望なビジネスと思われます。

    お薦めWEBインフォメーション

  • 会議、研修、教室、説明会等、様々な用途、ご要望に応えてくれる貸し会議室を神田周辺で探しているなら、シンプルで清潔な使いやすい空間を、東京近隣エリア最安値で提供しているのでオススメです。

Copyright(C) これからの物流関連ビジネス All Rights Reserved.